脊柱管狭窄症が起こる原因|医師の診察を受けよう

病院

腰痛やしびれを感じる方へ

先生

腰部脊柱管狭窄症というのは、背骨の中にある脊柱管が、加齢による背骨の変形などで圧迫され、しびれや腰痛、歩きにくさを感じるようになる病気です。このような場合は、整形外科で薬物治療や神経ブロックを行い、また杖や手押し車を使うことをお勧めします。しかし薬物で効果がない時は、手術をすることになります。

Read More

何か違和を感じたら…

脊柱管狭窄症の疑いがあるならセルフチェックしてみると良いですよ。早めに対策しておけば、軽い症状のまま抑えることができます。

神経の圧迫が原因

先生

人間の背骨は椎骨という骨が幾重にも積み重なってできています。そしてこの椎骨の真ん中には大きな空洞があり、この空洞が連なって管上になっている部分のことを脊柱管と言います。この脊柱管の中には神経が通っていて、この神経を椎骨がしっかりと守っています。この脊柱管の中にある神経を、何かの拍子に変形してしまった椎間板や靭帯が圧迫してしまうことで現れるのが脊柱管狭窄症になります。脊柱管狭窄症は神経のどの部分が圧迫されているのかによって症状が変わるのが特徴で、腰痛が出る人もいれば手足のしびれが出る人もいるなど、症状の個人差が大きい病気でもあります。最初のうちは生活に支障が出ない範囲の症状ですが、脊柱管狭窄症が悪化をすると排尿障害などが出てくることもあります。

間欠跛行にご注意を

脊柱管狭窄症は高齢の人に多い病気のひとつですが、日常的に重いものを持ち上げたり長時間座りっぱなしで仕事をするといった腰に負担をかけやすい環境にある人もなりやすい病気です。間欠跛行の症状が出始めたらこの脊柱管狭窄症を疑った方がいいかもしれません。間欠跛行とは、安静時には何も問題がないにも関わらず、歩行などの運動を続けているうちに手足のしびれなどが徐々に強まって歩くことができなくなってしまう症状のことをいいます。この間欠跛行は症状が出たとしても、少し休憩をすると症状が治まるのが大きな特徴のひとつです。この脊柱管狭窄症は早期発見をすることができれば比較的簡単な治療方法で治すことができる病気です。そのため、何か異変を感じたらすぐにお近くの医療機関を受診することをおすすめします。

歩行が困難となる疾患

病院

加齢などが原因で、神経の通路である脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまう状態を脊柱管狭窄症と言います。歩行中に下肢に痛みや痺れといった症状が、現れるのが特徴の疾患です。内科、整形外科での治療は薬物療法が基本となります。薬物療法で症状が改善しない、または症状が重度の場合には手術療法が選択されます。

Read More

脊柱の病気、症状と対策

女性

肩こりや片足に痛みがある場合、その原因は脊柱管狭窄症である可能性があります。放置すると重症化してしまうので、すぐに医療機関を受診すべきです。根本的な治療は手術ですがリスクが高いため、重症化していない限り、薬物療法、保存的療法等が一般的です。そういったことからも、軽症の時点での治療開始が必要なのです。

Read More