脊柱管狭窄症が起こる原因|医師の診察を受けよう

女性

歩行が困難となる疾患

歩行中に現れる痛みの原因

病院

脊柱菅と呼ばれる神経の通り道が、様々な要因により狭くなることで神経が圧迫されている状態を「脊柱管狭窄症」と言います。脊柱管狭窄症の発症の要因は、加齢により脊柱管が変形してしまうケースが最も多いとされています。また生まれつき脊柱管が元々狭い人に発症しやすい疾患です。脊柱管狭窄症の代表的な症状が「歩行中」に下肢に現れる痛みや痺れです。歩き始めは何ともなく、歩いていると次第に痛みや痺れが強くなっていき、歩くことが出来なくなるのが特徴です。安静を保ちしばらく座っていると症状は治り、また歩き出すことが出来るようになります。多くの人が加齢のせいだろうと放置している場合が多く、放置して重症化してしまうと歩ける距離が徐々に短くなってしまいます。これらの症状が現れた場合は早期に内科、整形外科で検査を行いましょう。

歩行中の痛みの対処法

脊柱管狭窄症と診断されたら予防として、まずは痛みや痺れといった症状が出ないように姿勢や動き方に注意を払うことが重要です。背部を反らせてしまうと脊柱管が狭窄しやすくなる為、歩行中はなるべく前屈気味の姿勢が良いとされています。また歩行中には症状が出る前に休憩を入れるなどすることで、症状を予防することができます。脊柱管狭窄症の内科、整形外科での治療は、薬物療法で経過を観察するのが基本となります。消炎鎮痛剤や血流改善薬の使用が一般的であり、温熱療法を併用する場合もあります。これらの治療法で症状が改善されない、または症状が重度である場合には手術療法が選択されます。手術療法は狭くなっている脊柱管を外科手術により広げて、神経の圧迫を防ぐのが目的となります。