脊柱管狭窄症が起こる原因|医師の診察を受けよう

女性

脊柱の病気、症状と対策

肩こり、片足の痛みの原因

女性

肩こりを感じる場合、その原因は脊柱管狭窄症である可能性があります。また、片足の痛みも脊柱管狭窄症である可能性があります。脊柱管狭窄症とは、脊柱(背骨)の中を通っている管が狭くなってしまう病気です。脊柱管の中には脊髄や神経根が納まっていますので、前述したような脊柱以外の場所に症状が現れてしまうというわけです。原因は先天性の場合もありますが、後天性の場合も多く、後天性の場合、外傷が原因となることもあるのですが、脊柱は普通に生活していても大きな負担がかかりますので経年による劣化、つまり加齢が原因の場合も多くあります。ちなみに肩こりの場合は頚部(首)の脊柱管狭窄症、片足の痛みの場合は腰部の脊柱管狭窄症の可能性が高いと言えます。

早期の治療開始が重要

頚部脊柱管狭窄症の場合、最初は肩こりですが背中や腕、更には足へと徐々に、その範囲は広がります。腰部脊柱管狭窄症の場合は、歩行が困難な程の痛みへと発展することも多くあります。従って、肩こりや片足に痛みを感じるのならば、すぐに医療機関を受診することが賢明な判断だと言えます。医療機関で脊柱管狭窄症との診断が下れば、薬物療法と保存的療法が施されることとなり、同時に日常生活において注意すべきことを言い渡されます。つまり、根本的な治療を施さないことが一般的です。根本的な唯一の治療は手術となるのですが、手術はリスクが高いため、重症化していない限り行わないことが一般的なのです。それ故に、軽症の時点で治療を開始することが必要なのです。