脊柱管狭窄症が起こる原因|医師の診察を受けよう

女性

腰痛やしびれを感じる方へ

加齢や腰への負担が原因

先生

腰部脊柱管狭窄症という病気を、あなたはご存知でしょうか。私たちの背骨は椎体と椎弓という2つの部分で構成されていて、その間にある空間を椎孔と呼びます。この椎孔がつながってできるのが脊柱管で、ちょうど背骨を貫くような形になっています。この脊柱管を取り巻く椎体や椎弓は、年齢と共に変形して行き、そのため脊柱管の中を通っている神経や血管が圧迫されて、腰痛やしびれなどを感じるようになります。また歩きにくさを感じたり、足に力が入らないなどの症状も出るようになります。これが腰部脊柱管狭窄症です。老化現象の一つですが、腰に負担がかかるような仕事をしている人の場合は、変形性すべり症を起こしやすく、それが腰部脊柱管狭窄症につながることもあります。また中年女性に多い変形すべり症も、この病気の一因となります。

まず薬物療法で治します

このような症状が見られる場合は、まず整形外科を受診することをお勧めします。放っておくと病状が進行し、安静時にもしびれを感じるようになります。また歩く際には、いくらか前かがみの姿勢を取ると、脊柱管が広くなるため楽になります。杖や手押し車などを使うのもお勧めです。病院での腰部脊柱管狭窄症の治療は、薬物療法が行われ、消炎鎮痛薬や血流を改善させる薬が用いられます。血流を改善させることで、神経の血流がよくなり、症状が軽くなるためです。また神経ブロックを行って、痛みを軽くすることもあります。もし薬物治療や神経ブロックを行っても、症状が改善されない場合には、手術が行われることもあります。手術には何通りかの方法があり、病状、特に神経の圧迫部位の範囲によって、一番適した方法が採られます。